協会について

■ 代表挨拶 ■

私も離婚後に幼稚園と小学校低学年の2人の子を抱え、仕事が思うようにできずに公立小学校の給食費が払えないほどの貧困生活を味わいました。
シングルマザーの鬱病率は既婚女性より大幅に高いと言われてますが、私も離婚後に鬱病を発症し、本当に苦しい時期を乗り越えてきました・・今でも日々戦っているかもしれません。
孤独の中、子供を抱えての仕事の難しさ、貧困の苦しさは心を壊します。そして夫婦二人での子育てでも大変なのに、働きながら一人で子育てをするのは並大抵の苦労ではありません。
シングルマザーのサポートは絶対的に必要です。独りで苦しんでいるシングルマザーに手を差し伸べて、一人一人が自立し幸せをつかんでいくことのお手伝いをすることがこの協会を設立するに至った私の目的です。一緒に幸せになりましょう。

一般社団法人シングルマザー協会代表理事
安富行政書士法務事務所代表
安富ゆきえ

■ 代表略歴 ■
離婚経験者であり2人の子供をもつシングルマザー

元々看護師であったが、自身の離婚問題で行政書士に相談したことをきっかけに、法律知識の重要性、女性の立場の弱さなど、シングルマザーが子育てをするには過酷な環境であることを知る。
そして一念発起し、女性の社会環境を守ることができる行政書士を目指す。
離婚後子育てと仕事の傍ら1年半の期間で行政書士の資格取得をし、離婚問題をメインにした「安富行政書士事務所」を開業。開業より10年間で2000件以上の離婚や不倫相談を受けてきた。
離婚問題の解決の支援をしていく中、シングルマザーの「貧困問題」を実感。
離婚の根本的な解決には離婚前や離婚時だけではなく、離婚後の生活や特に「働く」ことについてのサポートの重要性を切に感じ、女性やシングルマザーの「働く」サポートをメインとした本協会を設立する。

■ 所在地 ■
〒231-0007
横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2 610号室

電話 045-232-4491
メール info@single-mom.jp